福岡県少年警察ボランティア協会は少年の非行防止と健全育成をめざす活動団体です

公益社団法人 福岡県少年警察ボランティア協会
トップページ > ごあいさつ

ごあいさつ

公益社団法人 福岡県少年警察ボランティア協会
会長 副田 茂喜

会長:副田 茂喜

 当協会は、県下の少年警察ボランティアを支援するとともに、少年の健全育成を目的とする関係機関・団体等との連携を図り、少年の非行防止と健全育成に寄与することを目的として、平成24年4月に、公益社団法人福岡県少年警察ボランティア協会(略称 県少協)として発足いたしました。
 少年補導員制度制定後まもなく発足した前身の時代から長い活動歴を持つ組織であります。
 現在、福岡県では2266名の少年警察ボランティアが活動しており、これまで果たした役割と成果につきましては、皆様から非常に高い評価をいただいているところです。

 少年を取り巻く環境は、少子高齢化時代の到来、情報化の進展、地域社会の急激な変貌など著しく変化しております。また、福岡県内の少年非行情勢につきましては、刑法犯少年の数こそ減少していますが、人命に関わる重大な事件が発生するなど悪質・凶悪化の傾向が窺われます。更には、インターネット上の各種サイトに起因する犯罪被害も後を絶たないなど、少年をめぐる情勢は、非行及び被害の両面において、依然として厳しいものがあります。
 このような現状から、地域において少年の非行防止と健全育成を目指して活動している少年警察ボランティアに対する社会的期待は一層高まってきております。

 その中で、県少協は、「地域の子どもは地域で守り育てる」ことを活動の理念として、少年警察ボランティアの団体として寄せられた期待に誠実に応えていくのが使命であると考えております。地域ボランティアとしては、県内最大規模の組織であるとともに広範囲な活動領域を持っておりますことから、その役割を果たし、今後も全力で活動に取り組んでまいる所存です。

 そのためには、県民の皆様はもちろん、関係機関・団体、警察、行政のご協力が不可欠でございますので、今後とも県少協及び少年警察ボランティアの活動に対する深いご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。